イスラム国が示唆した次のターゲットとは?

ロンドンかベルリンあるいはローマ

 4月5日、過激派組織「イスラム国」は公表したビデオで、西側諸国でさらなる攻撃を行う可能性があるとし、ロンドン、ベルリン、ローマを可能性のある標的として挙げた。写真はイスラム国の旗、2月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[カイロ 5日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国」(IS)は5日公表したビデオで、西側諸国でさらなる攻撃を行う可能性があるとし、ロンドン、ベルリン、ローマを可能性のある標的として挙げた。

映像は、以前の攻撃後の様子を映した映像とともに英語のナレーションで「昨日がパリ、きょうがブリュッセルならば、あすはどこか、アラーはご存知だ。おそらくそれはロンドンかベルリンあるいはローマだろう」と語っている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
大再編、金融庁、フィンテック<br>銀行マンの運命

メガバンク主導の地銀再編、正論を振りかざし冷徹に変革を迫る金融庁・森長官、銀行業務を代替するフィンテック…3つの大波が業界を襲う。揺さぶられる銀行マンの運命はいかに。