日産、福島エンジン工場への投資を継続

「最高の技術を世界へ」とゴーン社長

 4月5日、日産自動車のカルロス・ゴーン社長(写真中央)は、2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた同社のエンジン生産拠点、いわき工場(福島県いわき市)について、今後も同工場を成長させ、競争力を確保する考えを示した。(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[いわき市(福島県) 5日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>のカルロス・ゴーン社長は5日、2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた同社のエンジン生産拠点、いわき工場(福島県いわき市)について、今後も同工場を成長させ、競争力を確保する考えを示した。

ゴーン社長は同日、福島県といわき市に電気自動車(EV)「e―NV200」を1台ずつ寄贈する式に出席。いわき工場への「投資を続け、最高の技術をもたらすことがわれわれの義務」と述べた。

また、1ドル=100円という「中立的な」為替水準に対し、「ポジティブな領域(円安)にある限りは良い」とする従来からの見解を示し、国内生産100万台規模を維持するとの方針にも変更はない、と述べた。

一方、米EVメーカーのテスラ・モーターズ<TSLA.O>が17年に発売予定の新型EVセダン「モデル3」に予約が殺到していることに関して、ゴーン社長は「競争は歓迎している。EV市場が拡大する」と話した。日産自としても刺激を受け、課題である航続距離やコスト力の改善に向けた開発、品質・デザインの向上にも弾みがつくとし、「EVで良い競争が盛り上がれば、需要も喚起される」と語った。

式には福島県の内堀雅雄知事も出席。同知事は震災や津波、原発事故に見舞われた福島には「世界全体でみると残念ながらネガティブなイメージがついてまわる」と指摘。同工場で生産されるエンジンが世界市場で高く評価されれば「『メード・イン・フクシマ』はネガティブではなく、世界に名だたる品質の福島だと世界に発信してくれることになる」と話し、「福島プライドを取り戻すためにもナンバーワンの製品を作っていただくことが(福島県の)大きな力になる」と期待を寄せた。

いわき工場は当初の予定より早く震災後2カ月で完全復旧を果たした「復興のシンボル」(ゴーン社長)で、V型6気筒エンジンのほか、2月からは年内に投入する高級車ブランド「インフィニティ」の「Q60」に登載する新型「VR30」エンジンの生産も開始している。

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。