少女失踪、全国で増える「SNSでの出会い」

未成年者に乏しい危機感

少女側の危機感は乏しく、後先を深く考えない行動が危機を招いた例も…(CHIRO / PIXTA)

福井県内で昨年から今年にかけ、女子中高生の誘拐事件が3件起きた。いずれも会員制交流サイト(SNS)で年上の県外の男と知り合い、行動を共にしたまま失踪。早期に保護されたが、埼玉県の少女連れ去りのような一大事件となる恐れがあった。SNSを発端とした少女の失踪は全国で増えており、県内の10代からは「SNSの出会いに抵抗感はない」との声も聞かれる。県内未成年者の不明届は過去5年で毎年50~90件に上る中、関係機関は連れ去り事件が増えないか懸念している。

昨年10月、岡山県。同11月、東京都。今年2月、兵庫県―。福井県内の女子中高生3人が警察に保護されたのは、遠く離れた路上やマンションの一室だった。

いずれも家族が「娘と連絡が取れない」と県警に届け出た。3人は県外の20代男と行動していた。すべて未成年者誘拐の疑いで摘発された。「家に帰りたくない」と、少女側が男に同行を求めたケースもあったという。

県警によると、県内の未成年の不明届は2015年が前年比19件増の71件で、10代が9割超を占めた。理由は、親子間の不和といった「家庭関係」が最多の32件。ほかに「学業関係」が10件、「異性関係」が5件など。

深い仲と錯覚

埼玉県の少女は、下校中に呼び止められ車に乗せられたとみられる。一方、福井県内の少女の事件は、いずれもSNSでの交流が発端。子どもの非行や防犯に詳しい清永賢二・元日本女子大教授(犯罪学)はSNS交際について「深い仲になったような錯覚を持ちやすい」と分析。低年齢の少女ほど影響を受けやすいとし、SNSをきっかけとした家出が増加傾向にあると指摘する。

次ページご飯をおごってもらってラッキー
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。