外国人投資家が買った会社、売った会社--外国人持ち株比率・同増減ランキング

直近3カ月(決算期2012年4~6月)で新たに増加ランキング入りしたのは5社。1位のメガネスーパー[3318]は神奈川県に本社を置く眼鏡チェーン大手。競合他社の低価格攻勢に苦戦が続き、一時は債務超過に陥るも、今年1月、国内の投資ファンド大手アドバンテッジ・パートナーズ(AP)傘下の4ファンド(うち外国籍2ファンド)に第三者割当を実施。APの支援の下で経営再建中だが、継続前提の重要事象は外れていない。

一方、減少ポイント上位20社での新登場は4社。6位のケネディクス[4321]は、独立系の不動産ファンド運営大手。前期までは筆頭株主だったゴールドマン・サックスなどの海外機関投資家が軒並み比率を下げ、全体では約13.5ポイント減の36.9%となった。なお、決算日(6/30)以降の大量保有報告書によると、日系投資会社スパークス・アセット・マネジメントが約6%、米国の資産運用会社オレンジ・キャピタルが約5%を保有している。

■外国人持ち株比率ランキング
順位 証券
コード
社名 最新期
外国人
持株比率
増減
ポイント
最新期・筆頭株主名 最新期・
筆頭株主
持株比率
(%)
1 3659 ネクソン 91.09 ▲0.07 エヌエックスシー・コーポレーション 53.41
2 9836 リーバイ・ストラウス ジャパン 84.06 0.35 リーバイ・ストラウス・アンド・カンパニー 83.59
3 8205 シャクリー・グローバル・グループ 82.57 0.52 RHJ・シャクリー・ホールディング 38.87
4 4716 日本オラクル 82.50 0.05 オラクル・ジャパン・ホールディング 74.72
5 2337 いちごグループホールディングス 81.89 1.36 いちごトラスト 55.60
6 4519 中外製薬 75.02 0.09 ロシュ・ホールディング 59.89
7 3064 MonotaRO 73.54 6.45 グレンジャー・インターナショナル 46.82
8 8992 グッドマンジャパン 72.35 ▲0.08 マッコーリー・グッドマン・ジャパンPTE 51.57
9 8304 あおぞら銀行 68.73 0.15 サーベラスNCBアクイジション・
サーベラスアオゾラ
49.78
10 7201 日産自動車 68.56 1.06 ルノー 43.40
11 4704 トレンドマイクロ 66.69 5.11 トゥルーウェイカンパニー 13.13
12 2703 日本ライトン 66.42 ▲0.66 ライトンテクノロジーコーポレーション 49.49
13 8202 ラオックス 65.23 ▲0.13 グランダ・マジック・リミテッド 50.62
14 8697 大阪証券取引所 64.01 1.04 ステート・ストリート・バンク&トラスト 6.74
15 9704 アゴーラ・ホスピタリティー・
グループ
63.36 0.01 ファー・イースト・グローバル・アジア 40.37
16 3722 日本ベリサイン 62.88 4.95 ステート・ストリート・バンク&トラスト 53.47
17 3807 フィスコ 61.39 0.05 シークエッジ・インベストメント・
インターナショナル
54.50
18 9747 アサツー ディ・ケイ 61.09 4.10 WPPインターナショナル・ホールディング 24.22
19 5002 昭和シェル石油 60.97 0.00 シェル・ペトロリウム 33.24
20 8303 新生銀行 60.31 ▲2.16 サターン・フォー・サブLP 14.53


■外国人持ち株増加ランキング
順位 証券
コード
社名 最新期・
外国人
持株比率
増減
ポイント
最新期・筆頭株主名 最新期・
筆頭株主
持株比率
(%) (%)
1 3318 メガネスーパー 39.51 39.44 投資事業組合アドバンテッジパートナーズIV号 30.19
2 9822 クロニクル 46.10 20.95 HSBCブローキング・セキュリティーズ(アジア) 9.78
3 8013 ナイガイ 27.34 19.97 ロイヤルバンク・オブ・カナダ・トラスト(ケイマン) 19.65
4 8174 日本瓦斯 20.50 18.50 チェース(ロンドン) 18.55
5 6101 ツガミ 26.35 13.63 日本トラスティ・サービス信託銀行信託口 6.62
6 5012 東燃ゼネラル石油 22.45 13.25 EMGマーケティング 35.35
7 6628 オンキヨー 13.70 13.21 オーエス・ホールディング(株) 27.88
8 6754 アンリツ 28.74 11.31 日本トラスティ・サービス信託銀行信託口 10.75
9 8836 RISE 44.67 10.72 ウッドヘヴン・ドライブIILLC 29.60
10 1873 東日本ハウス 9.02 8.83 自社社員持株会 9.52
11 6632 JVCケンウッド 43.30 8.59 日本トラスティ・サービス信託銀行信託口 6.88
12 7733 オリンパス 35.32 8.57 日本生命保険 4.90
13 6627 テラプローブ 32.41 8.42 エルピーダメモリ 39.64
14 8111 ゴールドウイン 20.53 8.22 CBHKコリア・セキュリティーズ・デポジトリー 9.77
15 3076 あい ホールディングス 11.12 8.02 佐々木秀吉 19.45
16 2776 クリムゾン 32.54 7.60 茂木眞一 40.62
17 8848 レオパレス21 35.19 7.36 (株)LIXILリアルティ 9.06
18 1407 ウエストホールディングス 13.30 7.31 吉川隆 43.81
19 3782 ディー・ディー・エス 7.66 7.29 服部綾子 8.83
20 7483 ドウシシャ 22.68 7.23 野村正治 27.34


■外国人持ち株減少ランキング
順位 証券
コード
社名 最新期
外国人
持株比率
増減
ポイント
最新期・筆頭株主名 最新期
筆頭株主
持株比率
(%) (%)
1 5606 旭テック 12.16 ▲52.53 ATCホールディングス2号(株) 61.82
2 8918 ランド 2.35 ▲35.73 日本証券金融 2.73
3 8809 サンケイビル 0.41 ▲18.96 (株)フジ・メディア・サービス 61.94
4 3751 日本アジアグループ 36.34 ▲16.74 ジャパン・アジア・ホールディングス 14.48
5 8927 明豊エンタープライズ 0.45 ▲15.19 大証金 12.39
6 4321 ケネディクス 36.93 ▲13.58 日本トラスティ・サービス信託銀行信託口 6.39
7 5202 日本板硝子 21.03 ▲13.10 日本マスタートラスト信託銀行信託口 4.04
8 6993 森電機 7.61 ▲12.50 みずほ証券(アジア)クライアント69250601 6.83
9 9630 アップ 0.07 ▲11.80 ベネッセホールディングス 88.19
10 3242 アーバネットコーポレーション 0.02 ▲10.66 服部信治 19.71
11 2715 エレマテック 4.92 ▲9.63 豊田通商 49.36
12 2432 ディー・エヌ・エー 33.62 ▲9.48 南場智子 13.09
13 6425 ユニバーサルエンターテインメント 12.64 ▲8.57 岡田ホールディングス合同会社 67.90
14 2410 キャリアデザインセンター 1.56 ▲8.40 多田弘實 15.95
15 2769 ヴィレッジヴァンガード
コーポレーション
35.16 ▲8.38 菊地敬一 23.10
16 3528 グローベルス 36.50 ▲8.04 CGMLIPBカスタマーコラテラルアカウント 20.68
17 2724 インスパイアー 4.95 ▲7.97 ピエラジェンヌ(株) 66.12
18 4819 デジタルガレージ 16.96 ▲7.55 林郁 15.40
19 2138 クルーズ 5.86 ▲7.51 小渕宏二 38.77
20 2371 カカクコム 32.11 ▲7.14 デジタルガレージ 20.09

【調査の説明】東洋経済では、日本国内の上場会社に対し、年2回(本決算および第2四半期決算時)大株主の動向調査を行っている。今回は、(1)最新時点での外国人持ち株比率が高い会社、(2)半期前(半年前の本決算・第2四半期決算)と比べて外国人持ち株比率が増加した会社、(3)外国人持ち株比率が減少した会社を上位20位までランキングした。なお、新規上場会社や上場廃止の会社など、最新期と半期前との比較ができない会社は除いている。

(荻原和樹 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。