65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

定年を迎えた社員のうち、希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立した。年金支給年齢が引き上げられる中、働く場が確保されることは、多くの人にとって朗報といえそうだ。

定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立しました。
それについてあなたの考えはどうですか。


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年9月15日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。