女性弁護士が「一生独身」を覚悟する瞬間

弁護士の婚活事情最前線<4>

女性弁護士の婚活事情は?
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

弁護士といえば、合コンしたい職業ランキング、結婚したい職業ランキングなど、各種ランキング上位の常連で、モテる職業というイメージが根強い。これまで弁護士婚活事情に登場した3人の弁護士も、それぞれタイプは違えどモテていることがうかがわれた。

もっとも、それは男性弁護士に限った話。モテまくる男性弁護士にばかりスポットライトが当てられるが、女性弁護士がどのような恋愛をし、どのような男性と結婚するかはあまり知られていない。今回は、そんな女性弁護士の婚活事情をのぞいてみる。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:亜希子28歳
勤務先法律事務所:霞が関エリアの中堅法律事務所
年収:約800万円
大学・ロースクール:都内有名私立大学
住まい:中目黒
家賃:15万円
交際ステータス:独身・彼氏なし
好きなおつまみ:たたみいわし

女性弁護士は地味なんてイメージはもう過去のもの

亜希子は特別美人というわけではないが、小動物系の顔をした可愛らしい女性だ。アッシュベージュのミディアムヘアは、大学時代から通う表参道の有名サロンでケアしてもらっている。オンオフを問わない赤文字系のファッションに身を包み、胸元には、一粒ダイヤとイニシャルの華奢なネックレスを重ね付けしている。

そんな亜希子が弁護士をしていると知り、驚く人は多い。所属事務所のボス弁護士が、彼女をクライアントに紹介すれば、秘書と勘違いされることもしばしばだという。テレビで人気の美人弁護士は特殊な例だと思われがちだが、おしゃれで可愛い女性弁護士は増えつつある。

次ページ弁護士になってからモテない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?