漂流するソニーのDNA 西田宗千佳著

漂流するソニーのDNA 西田宗千佳著

ソニーの新社長になった平井一夫氏は、かつて「蕩児の集団の番頭」だった、と冒頭に書く。プレイステーションを生み出したソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、グループの異端企業で、奔放なカネ食い虫だったこともある。そのボスの久夛良木健氏を支えたのが平井氏だからだ。

プレイステーション3の開発現場では、久夛良木氏は不眠不休に近いエンジニアにさらにハッパをかけ、何度も作り直しを命じたという。その姿は、アップルのスティーブ・ジョブズ氏を彷彿とさせる。

SCEに脈々と受け継がれているのは、久夛良木氏のエンジニア精神であり、それがソニー復興のカギと考えるからこそ、平井社長はカメラ、ゲーム、モバイルの3本柱で復活を図ろうとしているのだろう。エンジニアの心を震わせるビジョン、強いリーダーシップを示せるかどうかが、復興への大きな課題であることがよく伝わってくる。

講談社 1680円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。