就活に役立つ!「会社四季報」使いこなし術【最終回】--情報公開は限定的、未上場会社にはどう挑む?

就活に役立つ!「会社四季報」使いこなし術【最終回】--情報公開は限定的、未上場会社にはどう挑む?

およそ2カ月にわたって掲載してきた本連載も、いよいよ今回で最終回を迎えました。前回(第9回)に続き、最終回となる今回も「会社四季報」の外に少し飛び出してみましょう。

繰り返しになりますが、会社四季報には約3600社の企業が掲載されています。これらは日本の主要な企業ばかりであることは、間違いありません。会社四季報に掲載されているのは、株式を証券取引所に上場(公開)している企業だからです。株式の上場は、一般投資家から広く資金を集めることですから、一定の条件を満たしたうえで、企業の中身をかなり情報開示することが求められます。

上場するにはある程度の企業規模が必要ですし、証券取引所の厳格な審査を通過するなどハードルは低くありません。上場は企業にとって「格」を示すことでもあります。

一方で、世の中には上場企業以外の会社も数多くあります(むしろ、上場企業のほうがほんの一握りです)。YKK、サントリー、竹中工務店、住友スリーエムなどの会社は、就活生のみなさんでも一度はその名前を耳にしたことがあるのではないしょうか。これらは規模も大きいのですが、実は株式を公開していない「未上場(非上場、非公開)会社」であるため、「会社四季報」には掲載されていません。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。