グーグルがiPhone向けにYouTube公式アプリを公開、次期iPhoneでの非プリセット化に対応

グーグルがiPhone向けにYouTube公式アプリを公開、次期iPhoneでの非プリセット化に対応

米グーグルは、9月11日16時(日本時間)、アップルのiPhone(iPod touch含む)向けに、YouTubeの公式アプリを公開した。アップルのApp Storeからダウンロードできる。iPad最適化版も近々公開する。
 
 従来、iPhone向けのYouTube公式アプリは、アップルがiOSの組み込み(プリセット)アプリとして提供してきた。iPhone発売当初はスマートフォンならではの機能として、目玉アプリの位置づけだったものの、グーグルとの契約のもとアップルが開発を担当してきたためバージョンアップも進まず、Android版やウェブアプリ版に比べて、iPhone版の使い勝手や機能の見劣りが目立っていた。

アップルとの5年契約が先日終了し、また9月12日(米国時間)に発表される次期iPhoneにはOSの組み込みアプリとしては提供されなくなる。このため、グーグルでは自社開発の公式アプリとして提供を開始した。

YouTubeアプリを使うには利用者によるダウンロードが必要となるが、グーグルのアダム・スミスYouTubeプロダクト・アジア太平洋統括本部長は、「PCレベルのフル機能を装備しており、多くの利用者にダウンロードしてもらえると思う」と語った。
(東洋経済オンライン編集部)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。