シャープ、金利減免で主力2行と合意

コスト削減は年間72億円

 4月1日、シャープは主力2行との間で既存の借入金について金利などの条件変更について基本合意したと発表した。写真は同社のロゴマーク。都内で昨年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 1日 ロイター] - シャープ<6753.T>は1日、みずほ、三菱東京UFJの主力2行との間で既存の借入金について金利などの条件変更について基本合意したと発表した。

2017年3月期で約72億円の借入コスト削減を見込むという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。