イケア・無印に聞く「部屋づくり」のコツ

小さな部屋でももっと快適になる!

友達を呼べるおしゃれな部屋にしたいですよね!今回は、コーディネート例のアイデアを教えてもらいました!
学生の一人暮らし。せっかくなら友達が遊びに来たくなるような部屋にしたいですよね。そこで、イケア・ニトリ・無印良品それぞれのインテリアコーディネーターに自社商品を使ったコーディネート例のアイデアを教えてもらいました。

一人の小さな部屋に、ソファもベッドもデスクも

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

■イケア

まずはイケアのコーディネートから。「”21歳の大学生の男性の部屋”。勉強もがんばるけれど、友達と朝まで飲んだり、ゲームをしたりといった時間も楽しみたい……そんな方を想定して部屋づくりを考えました」と同社・インテリアデザイナーの林 真梨さん。「一人暮らしの小さな部屋でもソファが欲しいという方も多いので、寝る場所、勉強する場所とは別に、くつろぐ場所を設けられるよう、用途ごとのスペースを明確に分けました」

インテリアは、男子学生に人気のブラックをベースに、モダンなスタイルに仕上げて。●掲載商品の価格(税抜き・2016年3月現在):ベッド/TROMSÖ 1万7990円、ソファ/KLIPPAN 2万990円、テーブル/LACK 3999円、シェルフ/BLANKHULT 6999円、テレビ台/BLANKHULT 3999円、照明(メイン)/イケア PS 2014 9990円、ALGOT 4999円(写真撮影:古末拓也)
次ページスペースを分け、メリハリのある生活を
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。