業績好調のリブセンス。村上社長が26歳の誕生日を迎える前に、今度は東証1部の最年少記録更新へ

業績好調のリブセンス。村上社長が26歳の誕生日を迎える前に、今度は東証1部の最年少記録更新へ

成功報酬型の求人サイト「ジョブセンス」などを運営するリブセンスが、10月1日に上場市場を現在の東証マザーズから、東証1部または2部へ変更することが決まった。

9月7日のリブセンス株の終値は前日比225円高の3455円。時価総額は238億円ある。業績などの基準は問題なく、東証1部指定が認められる可能性が高い。

リブセンスの村上太一社長(上写真)は1986年10月27日生まれ。昨年12月7日の東証マザーズ上場では、25歳1カ月という最年少の上場社長の記録を作った。それからわずか10カ月。もし東証1部指定が認められれば、今度は26歳の誕生日を迎える前に、東証1部上場を果たす最年少社長となる。

ちなみにKlabが持つマザーズから東証1部への最短記録(約8カ月)の更新はならなかったことになる。

リブセンスの足元業績は好調で、8月に発表した2012年度中間期(12年1~6月期)は前年同期比で売上高が倍増、営業利益は2.5倍に伸びた。同時に、通期の業績計画についても上方修正している。東洋経済も、会社の修正計画を妥当と見て予想を増額する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。