ルネサンスがフィットネス業界初の建築士事務所開設、同業他社からの受注にも意欲

ルネサンスがフィットネス業界初の建築士事務所開設、同業他社からの受注にも意欲

DIC系で「スポーツクラブルネサンス」を運営するフィットネス業界大手のルネサンスが、業界初となる建築士事務所を社内に開設した。

管理建築士となるのは、二級建築士であり、ルネサンスの社員でもある吉田光輝氏。東京都に登録した「二級建築士事務所」となる。当面はルネサンス自身のスポーツクラブ開設等を中心業務とするが、将来的には、同業他社のスポーツクラブ開発を受注していく可能性もあるという。

ルネサンスはここ数年、毎年数店以上のスポーツクラブを継続的に出店。前2012年3月期は震災の影響もあり出店数が2店とやや抑えぎみだったが、今13年3月期は小型店なども含め8店を出店予定だ。

スポーツクラブの施設(ハード)を作る際には、外部の設計事務所や建設会社に設計や工事を依頼し、場合によってはコンサルティング会社に監修を依頼して、開発を進めるのが一般的。ただ、スポーツクラブは、プールや風呂などの水回り設備を多く抱え、居室ごとの環境が大きく異なり、水や電気、ガスなどのエネルギーも大量に消費するなど、通常の建物とは違う点が少なくない。


広島球場の試合を見ながらフィットネスできる「広島ボールパークタウン店」

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。