クラウドは、どうマーケティングを変えるか

米国のイベントで明らかになった「最先端」

Adobe Summit 2016はMarketing Cloudの刷新と活用、そして事例の共有に主眼が置かれていた
 Adobe(アドビシステムズ)は、米国時間3月22日から24日まで、米国ネバダ州ラスベガスで、デジタルマーケティングのカンファレンス「Adobe Summit 2016」を開催。1万人を超える参加者が、最新のマーケティングテクノロジーと最新の事例について議論を交わした。その模様を現場からリポートする。

3つのクラウドの主役は「マーケティング」

アドビには、デジタルデザインのためのソフトウェア群「Creative Cloud(クリエーティブ・クラウド)」と、Acrobatを核とした「Document Cloud(ドキュメント・クラウド)」、そしてデジタルマーケティングのための「Marketing Cloud(マーケティング・クラウド)」の3つのクラウドがある。

今回のAdobe Summitは、マーケティング・クラウドの刷新と活用、そして事例の共有に主眼が置かれていた。マーケティング・クラウドの新機能としては、メールの件名の自動提案、A/Bテストの自動化、複数デバイスと個人を認識しやすくする機能、データを用いたクリエーティブの最適化などが追加された。

また、アドビが用意するソリューションに加えて、エコシステムを発表。250を超えるパートナー企業が提供するサービスやシステム構築を用いて、自社のビジネスにマーケティング・クラウドを取り入れることができるようになる。

顧客との接点を作り、深い関係を広げ、ビジネスを拡大させる。マーケティング・クラウドは先進テクノロジーを導入しながら、ビジネスそのものを変革しようとしている。

次ページエクスペリエンス・ビジネスとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。