ダイハツが約9.7万台をリコール

軽自動車「ムーヴ」など

 3月31日、ダイハツ工業は、軽自動車の「ムーブ」と受託生産している富士重工業の「ステラ」の2車種計約9万7000台をリコールすると発表した。写真は「ムーブ」。都内販売店で2014年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 31日 ロイター] - ダイハツ工業<7262.T>は31日、軽自動車の「ムーブ」と同社が受託生産している富士重工業の「ステラ」の2車種計約9万7000台をリコール(無償の回収・修理)すると発表した。

リコールする理由は2種類あり、約9万2000台はエンジン始動装置でのスタータ作動制御プログラムが不適切なためで、同プログラムを変更する。残りは駐車ブレーキに不具合があり、ブレーキペダルを良品と交換する。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。