マイクロソフトのAI「テイ」がまたもや失態

修正中に「スパムツイート」

 3月30日、米マイクロソフトが開発した「チャットボット」と呼ばれるタイプの人工知能(AI)が、短文投稿サイトのツイッターに再び登場したが、同じツイートを無差別に送りつける「スパムツイート」で、またも失態を演じた。昨年7月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

[30日 ロイター] - 米マイクロソフトが開発した、ソーシャルメディア上で人間と対話する「チャットボット」と呼ばれるタイプの人工知能(AI)が30日、短文投稿サイトのツイッターに再び登場したが、同じツイートを無差別に送りつける「スパムツイート」で、またも失態を演じた。

英ガーディアン紙によると、マリフアナの代名詞である「スモーキング・クッシュ」についても言及したという。

このAIは「Tay(テイ)」と名付けられ、対話を通じて賢くなる予定だった。しかし1週間前にツイートを始めたところ、人種および性差別的発言を連発したため、実験が停止されていた。

マイクロソフトによると、その後の修正作業中、テイをオフライン状態にしていたが、ツイッターのアカウントが偶然元に戻ってしまったという。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。