必見!小児科での"事故"は、こうやって防ぐ

病院・医師の良し悪しを見極める「5項目」

わが子を医療事故から守るために気をつけるべき点とは?(写真 :evgenyatamanenko / PIXTA)

かわいい自分のお子さんが病気やけがをした場合、お子さんがもと通り元気になることを願わないご両親はいませんよね。

ただ、医師や看護師も人間ですから、「絶対にミスをしない」とはいえません。皆さんも、医療事故によって重い後遺症を負ったり、死に至ってしまったケースの報道を、年に何件かは耳にすると思います。

そこで今回は、弁護士である筆者が、お子さんが医療事故に遭う可能性を少しでも減らすために、「小児科で多い医療事故と、その医療事故を防ぐためにご両親ができること」について解説します。

おむつ交換やミルク投与で…小児科で多い事故事例

当記事はIt Mama(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

『公益財団法人日本医療機能評価機構』が公表している医療事故情報(平成25年度)によると、小児科における事故では……

(1)療養上の世話に関する事故(103件)

(2)薬剤に関する事故(24件)

(3)治療・措置に関する事故(22件)

の分類が多いことがわかります。

これらのカテゴリに分類される事故は、小児科に限らず多く見受けられますが、療養上の世話に関する事故事例として、おむつ交換中やミルク投与中の事故、ベッドからの転落事故、食物アレルギー患者にアレルギー食物を食べさせてしまう事故などが報告されていることが特徴的です。

次ページ医療事故を防ぐための5つのポイント
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。