東芝はテレビの赤字など響き増益幅縮小

インフラ部門の強化に舵切る

 

(テレビ事業の赤字が足を引っ張った)

民生が苦戦の一方、インフラは好調――。東芝が発表した今2013年3月期の業績下方修正は、事業の明暗を象徴する内容だった。

13年3月期は、売上高が前期比横ばいの6兆1000億円(期初計画6兆4000億円)、営業利益が前期比28.3%増の2600億円(同3000億円)となる見通し。前期比では増益が見込まれるものの、期初計画(売上高6兆4000億円、営業利益3000億円)には及ばない。

テレビとパソコンが厳しい

足を引っ張ったのが、テレビ事業の赤字だ。「アジアなど新興国では引き続き拡販する」(久保誠・代表執行役専務)としているが、国内市場の急縮小で在庫が膨らんでいる。年末にかけて一段の赤字拡大が見込まれる中、販売計画を従来の1600万台から1300万台に見直した。

パソコンも厳しい。欧州と日本では台数を増やしたが、北米の需要減は深刻だ。コスト削減を徹底することで、影響を最小限に抑えようと対策を進めている。しかし、テレビ事業の悪化が響き、デジタルプロダクツ部門の赤字は避けられそうにない。

次ページ増益は達成できるか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サイゼリヤ 外食を科学する

低価格メニューを貫き、好調な業績を維持している外食チェーンのサイゼリヤ。その背景には、創業時からの科学的経営の積み重ねがある。ユニークな具体例とともに、M&A構想を紹介。