資生堂は株主総会でも「女性活躍」を強調した

魚谷社長のプレゼン術に株主も舌を巻く

前期の業績は、国内で訪日観光客の需要増にブランド改革が奏功、5割増の営業増益を達成できた

きらびやかなシャンデリアに照らされた帝国ホテル(東京都千代田区)の「孔雀の間」。3月25日(決算期変更に伴い例年より3カ月前倒し)、化粧品国内大手の資生堂は、定時株主総会を開催した。

所要時間は、約1時間57分(2015年は2時間5分)。会場を訪れた株主は、2015年より250名ほど少ない2196名。剰余金の配当、取締役7名の選任、業績連動型の取締役賞与支給、などの議案は全て承認された。

「皆さんの目から見て、資生堂は変わったのでしょうか」――。議長を務めた魚谷雅彦社長は、映像による業績説明が終わると、会場の株主にこう問いかけた。2014年に異例の外部人事で社長に抜擢され、中期経営計画「VISION2020」を掲げて、業績の立て直しに邁進する魚谷社長。改革2年目の成果について、34分間にわたり熱弁を振るった。

インバウンドで国内は好調だった

2015年12月期(決算期変更により国内のみ9カ月決算)を振り返ると、国内事業は売上高で2667億円(前年同一期間比10.9%増)、営業利益にいたっては305億円(同52.1%増)と、好調な着地だった。

マーケティング投資を集中させて行ったブランド改革が効き、主力の中価格帯ブランド「エリクシール」や「マキアージュ」などが好調。また、中国人を中心とした訪日観光客需要の恩恵を存分に受け、高価格帯の「クレ・ド・ポー ボーテ」や「アルティミューン」の美容液が大ヒット。魚谷社長は「長年の課題だったシェアの低下にも歯止めがかかり、回復の兆しが見えてきた」と、国内改革の進捗状況には自信を見せた。

一方で、連結売上高の6割以上を占めるにも関わらず、ようやく21億円の黒字に浮上したばかりの海外事業に対しては、「2桁の営業利益率を目指すために、構造改革を急がなくてはならない」と力をこめて語った。

次ページ「女性の活躍では先進的企業だ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。