マイクロソフトのAI、「差別発言」で即停止

ツイート開始直後に問題が発生

ニューヨーク州ガーデンシティーで昨年7月撮影(2016年 ロイター/Shannon Stapleton)

[24日 ロイター] - マイクロソフトは24日、短文投稿サイトのツイッターでユーザーと会話する人工知能(AI)「Tay(テイ)」について、不適切な発言を繰り返したことから、ツイート開始から1日も経たないうちにつぶやきを停止した。

アカウント(@TayandYou)に掲載されていた情報によると、テイは多くのユーザーと会話を重ねるにつれて「より賢くなる」よう設計されていた。

テイは23日にツイートを開始。当初は当たり障りのない発言をしていたが、複数のユーザーが反ユダヤ主義的、人種差別的、反フェミニズム的な内容のツイートをテイに送ると、オウム返しした。ニュースサイト「バージ」は、テイが「フェミニストなんて大嫌い。皆死んで地獄で焼かれればいい」とツイートしていたと伝えた。報道によると、一部ツイートは後に削除された。

マイクロソフト側は24日、「残念ながら、テイの受け答え能力を悪用する一部ユーザーが確認された」とし、現在修正を行っていると表明した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。