英語特集

今から始めてもしっかり身につく
「継続する仕組み」で培う英語力

AEON(英会話イーオン)

英語が苦手という人は多い。しかし、そういう人に限って、学生時代に覚えた単語や文法が意外と役に立つことを知らない。こうした知識を基に、ビジネスで本当に使える英語力を効率よく習得できるのがイーオンだ。
東京本社 教務課 トレーナー
君嶋豊

グローバル化が進み、当たり前のようにヒト、モノ、情報が国境を越えて行き交う現代。これまで苦手な英語から逃げてきたビジネスパーソンも、いよいよ包囲網が狭まってきたというのが今の状況ではないだろうか。

これからの時代に必要な英語力とは何か。ビジネスパーソンであれば、当然ビジネスの現場で使える「聞く、話す、読む、書く」の英語4技能だろう。

「今さら無理」「時間がない」という声が聞こえてきそうだが「国際社会で話されている英語のうち、約7割は英語のノンネイティブスピーカーによる、と言われています。ネイティブスピーカーの英語とは多少異なりますが、それでも互いに理解して、話し合いや交渉を問題なく行っています」とイーオンの君嶋豊氏は言う。つまり、時代が求める使える英語とは、必ずしもネイティブスピーカーのように英語を話すことではないということだ。

グループレッスンだからこそ体験できる、ビジネス現場さながらのコミュニケーションによって、「英語ができる」ではなく「英語で○○ができる」という、一歩先のゴールへと効率的に到達できる

「それなら自分にもできるかも」と勇気を持った方におすすめしたいのが、学生時代に培った英語力を呼び覚まし、使える英語に磨き上げる学習方法だ。単語や文法などのインプットは独習し、アウトプットにあたる実践的な会話はスクールの力を借りるのが効率的と言えるだろう。イーオンでは、日本人が陥りやすいミスや癖を徹底的に検証した上で、中学、高校、大学受験で学んだ知識を活用し、弱点を鍛えるオリジナル教材を使用。複数のコミュニケーションラインを生かせるグループレッスンを通じて、多様な英語表現や発音などを吸収しつつ、場の空気を読んで自分が発言するタイミングをつかんだり、瞬時に自分の意見をまとめたりしながら英語力アップを図る練習が多くできる。また、知識を定着させるツールとして24時間使用できる自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」も用意している。

もちろん、教師の質も折り紙付きだ。日本人教師はTOEICテストスコア950点以上が350人以上、うち満点が約80人、英検1級取得者も約270人と精鋭がそろう。「日本人教師はいわゆる英語学習成功者。自身がいろいろ苦労して習得してきたからこそ、そのノウハウを生徒に還元し、親身なアドバイスが行えます。外国人教師も採用率は一桁台。厳しい審査を乗り越えてきた熱意あふれるネイティブスピーカーを現地採用しています。英語学習で大切なのは学びを継続することですが、こうした教師たちのレッスンを受けられるスクールに定期的に通えば、英語学習を習慣づけ、モチベーションの維持も図れるのではないでしょうか」(君嶋氏)

英語を学ぶことを辛い修行のように思っている日本人は多い。だが、質の高い教え上手な先生と、「使える英語を身につけたい」という同じ目標を持つ仲間がいれば、学びは決して苦行ではなくなるはず。もっと英語が上手くなったら、どんな未来が拓けるのかを想像しながら、学ぶことを楽しもう。

お問い合わせ
AEON(英会話イーオン)
 0800-111-1111
月~金:10時~21時/土日祝:10時~19時
http://www.aeonet.co.jp/