国語教科書の中の「日本」 石原千秋著

国語教科書の中の「日本」 石原千秋著

国語教科書に収録されている昔話から評論、小説等といったさまざまな教材は互いに響き合ってあるコンテキストを生成し、それを共有してしまう問題があると著者は指摘する。そのコンテキストとはすなわち「古き良き日本」だ。

前著『国語教科書の思想』で「国語教育=道徳教育」と論じた著者が、その後改訂された小中学校の国語教科書約50冊をテキストとして詳細に分析し、表層的に隠されたメッセージを読み解く。

国語教科書こそが内面の共同体を創る装置だとあらためて確信したという著者が、国語教育で行われる「教育を受ける側には見えないイデオロギー教育」という問題を提起し、「国語教科書-国語教育-入試国語」の現状を考察する。

ちくま新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。