地図だけが知っている日本100年の変貌 竹内正浩著

地図だけが知っている日本100年の変貌 竹内正浩著

国土地理院は前身の陸地測量部時代なども併せて、130年以上にわたり日本全土の地図を整備してきた。この明治から平成へと至る期間は、日本の近代化の歩みと合致することから、同一地点の異なる時代の地図を比べることによって、その土地の変化が一目瞭然となる。そこから日本列島の歴史をひもとこうというのが本書の試みだ。

たとえば、湖だった秋田の八郎潟がほぼ一面水田に変わってしまった様子や、石灰岩の採掘で30メートルも低くなった埼玉の武甲山の姿、あるいは富士山頂に向かってぐんぐん延びていく自動車道路のうねりなど、開拓精神の驚異とともに人間の貪欲ささえ知らしめる。そうした変遷を地図は見事に語っている。

小学館101新書 756円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。