オバマ大統領、アルゼンチン新大統領を称賛

マクリ新大統領のスピード改革を高く評価

 3月23日、オバマ米大統領(左)は、訪問先のアルゼンチンで中道右派のマクリ大統領(右)と会談後に共同記者会見に臨み、速いペースで経済強化に向けた改革を進めているとしてマクリ氏をたたえた(2016年 ロイター/David Fernandez)

[ブエノスアイレス 23日 ロイター] - オバマ米大統領は23日、訪問先のアルゼンチンで中道右派のマクリ大統領と会談後に共同記者会見に臨み、速いペースで経済強化に向けた改革を進めているとしてマクリ氏をたたえた。

就任から100日を経過したマクリ大統領は南米の左派ブロックと距離を置き、新たな投資を呼び込むために欧米諸国との関係改善に乗り出している。

2日間の日程でアルゼンチンを訪れているオバマ大統領は、マクリ氏の下でアルゼンチンは世界で一段と影響力が増しつつあると指摘。「マクリ大統領は急ぐ男だと言える」とした上で、「一段と持続可能かつ包括的な経済成長を実現し、アルゼンチンを世界経済および国際社会と再びつなぐため、彼が約束した改革の多くを急速に推し進めていることに感銘を受けた」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。