ブリュッセル攻撃で英国のEU離脱予想強まる

一部予想サイトでは離脱確率は45%に上昇

3月22日、ブリュッセルで発生した同時爆発攻撃を受け、英国のEU離脱が6月の国民投票で決まるとの予想確率が高まった。ロンドンで2月撮影(2016年 ロイター/HANNAH MCKAY)

[ロンドン 22日 ロイター] - ブリュッセルで22日発生した同時爆発攻撃を受け、英国の欧州連合(EU)離脱が6月の国民投票で決まるとの予想確率が高まった。

賭け屋のパディパワーによると、英国がEUを離脱する倍率は7/4(36%)。21日は2/1(33%)だった。

ベットフェアが示す離脱確率は36%。賭け屋大手4社が示す倍率は6/4(40%)となった。

政治予想サイト、プリディクトイットによると、離脱確率は45%にまで上昇した。

一部の離脱論者は、EUの自由移動政策で、ブリュッセルの同時爆発攻撃が可能になったとの主張を展開した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。