子の英語力、「お教室通い」だけでは伸びない

効果を出せるかは、自宅での過ごし方次第

英語を幼児期の子どもに学ばせるポイントは?(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

グローバル化に伴い、子どものうちから「英語力」を養うことが重要視されるようになりました。小学校で英語が必修化された影響もあいまって、小さなうちから英語を学ばせたいと思うママ・パパが増えています。

そこで今回は、幼児・小学生向け英会話教室の講師経験をもつ筆者が、「幼児期の子どもに英語を学ばせるために知っておきたい5つのポイント」をご紹介します。

翌週には大半の授業内容を忘れてしまうことも…

当記事はIt Mama(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

■1:覚えるのではなく、「習慣」を身につけよう

ドイツの心理学者エビングハウスが記憶と忘却の関連性について研究し、作成した『エビングハウスの忘却曲線』によると、学習後にまったく復習をしなかった場合、1週間後には約80%ものことを忘れてしまいます。

せっかく英会話教室に通っても、家庭学習をまったくしなければ、翌週の授業日までにほとんどを忘れてしまいます。

毎回繰り返せばどんどん授業についていけなくなり、覚えられない上に「難しい!」「わかんない!」「つまんない!」という気持ちが募り、英語を嫌いになってしまうことも。

「塾や英会話教室に通わせればOK」という姿勢ではなく、勉強習慣をつける協力をしてあげる姿勢で臨みましょう。

次ページ親に英語力がなくても全然大丈夫!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。