ファーストリテイリングが「ユニクロシューズ」を展開、初年度40億円目標

ファーストリテイリングが「ユニクロシューズ」を展開、初年度40億円目標

カジュアル衣料専門店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが「ユニクロシューズ」の販売を開始した。

まず基幹ブランド「ユニクロ」の大型店66店やオンラインストア、さらにファストリの戦略子会社GOVリテイリング傘下の「ジーユー」70店、「ビュー」などの99店で展開する。取り扱い品目はウイメンズ、メンズとも各4アイテム。初年度の売り上げ計画は40億円。生産は中国の協力工場が主体と見られる。将来は「ユニクロシューズ」単独での店舗展開もにらむ。

「靴は服に一番多く関係する商品で、靴市場は発展の余地が大きい。靴の製造小売業を創り、今までの靴業界を変えたい」(柳井正会長兼社長)。ファストリは、これまでも05年に靴小売チェーンを展開するワンゾーン(店舗名フットパーク)を子会社化。06年に婦人靴専門店チェーンのビューカンパニーへ出資するなど、靴事業参入への執念を見せてきた。

ファストリは、08年9月に戦略子会社GOVリテイリングを設立した。ワンゾーンやビューカンパニーを低価格衣料専門店「ジーユー」とともに、GOV傘下へ統合し、改革を加速してきた。だが、「990円ジーンズ」で今春以降既存店が70%増で推移している「ジーユー」に比べ、靴事業の伸び悩んでいた。今夏になって「フットパーク」事業の大幅縮小を決定するなど、その成り行きが注目されていたが、こうした中での「ユニクロシューズ」の登場だ。

ウィメンズ向け「ギャザーバレエシューズ」(1990円、全12色)や、メンズ向け「キャンパススニーカー」(1990円、全8色)が代表的な商品だが、「低価格」「豊富な色」「価格を上回る価値」といった考え方は、ユニクロそのまま。

中期的な売上高目標を聞かれたGOVリテイリングの中嶋修一社長は明言を避けたが、その横で柳井社長が「1兆円といったらどうですか」「(数字を答えないのは)そっけないなー」と隣で「突っ込み」を入れるなど、カリスマの上機嫌さも目立った。柳井氏が中嶋氏に寄せる期待の大きさの裏返しであり、「師弟関係」の良好さを暗示する光景にも映った。主軸のユニクロ事業のように「靴の柳井王国」も築けるか、注目だ。 

(福井 純)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2008.08  586,451 87,493 85,698 43,529
連本2009.08予 685,000 110,000 102,000 52,500
連本2010.08予 780,000 120,000 120,000 63,000
連中2009.02  357,424 69,856 63,160 35,552
連中2010.02予 400,000 75,000 75,000 39,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2008.08  427.4 130 
連本2009.08予 515.5 160 
連本2010.08予 618.6 170-180 
連中2009.02  349.1 75 
連中2010.02予 382.9 80-90 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。