反骨心 清原和博著

反骨心 清原和博著

昨年引退した元プロ野球選手の著者が、自らの野球哲学と男の生き様を熱く語る。

高校時代はPL学園の主砲として5回の甲子園出場を果たし、史上最多の13本塁打を記録。西武ライオンズに入ってからは、8度のリーグ優勝に、6度の日本一に輝くなど、名実ともに日本を代表する野球選手となった。

しかし、著者は自らの野球人生は挫折の連続だったと告白する。ドラフトで巨人に指名されなかったショック。その憧れの巨人に移籍するも解雇されたときの屈辱。度重なるケガによる不振とマスコミのバッシング。そうした挫折を乗り越えられたのは、持ち前の「反骨心」だったという。

また盟友・桑田真澄との友情秘話も披露している。

角川ONEテーマ新書/740円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。