福井が初!北陸新幹線「小浜・京都案」を決議

沿線自治体の議会で初めて意志を明確化

敦賀以西ルートをめぐって沿線の知事の間にも温度差があるなか、沿線自治体の議会で初めて「小浜・京都ルート」を求める決議(撮影:尾形文繁)

福井県議会は15日、北陸新幹線敦賀以西ルートについて、与党検討委員会が絞り込んだ3案のうち、JR西日本が提案している小浜・京都ルートの年内決定と、大阪までのフル規格による全線整備を早期に実現することを求める決議案を可決した。中京圏とのアクセス向上の検討も要望している。本会議終了後、西川一誠知事は記者団の取材に対し「最も妥当なルート」との考えを初めて明らかにし、「県議会と心を一つに勝ち取っていきたい」と述べた。

意思を明確に示し、政府与党に働き掛ける形へ

小浜・京都ルートを求める決議は沿線自治体の議会で初めて。西川知事はこれまで「京都駅経由は望ましい案の一つ」と述べるにとどめていたが、県議会とともに意思を明確に示し、政府与党に働き掛ける形となった。

決議は「小浜・京都ルートは、福井県がこれまで主張してきた若狭ルートの一つであり、旅客流動の多い北陸・関西圏を直通し、時間短縮効果が大きく、県民の 利便性の確保につながる。福井県の産業や観光の振興にも大きく寄与するルート」としている。昨年9月議会で可決した、福井県小浜市から京都府亀岡市付近を通り、新大阪までつなげる若狭(小浜)ルートの早期実現を求める意見書の内容を踏まえた。

最大会派である自民党県政会の発案で、山岸猛夫議会運営委員長が提出者として本会議に諮った。佐藤正雄委員(共産党)を除き賛成した。

敦賀以西ルートをめぐっては、与党検討委は10日、京都駅を通らない若狭ルートと、沿線自治体から提案のなかった琵琶湖西側を通る湖西ルートを対象から外すことを確認した。京都駅を通る小浜・京都ルート、小浜と舞鶴を経由して京都駅を通る舞鶴ルート、米原ルートの3案から国土交通省に調査を求めるルートを5月までに決める方針。

沿線自治体議会では、石川県議会が昨年9月議会で米原ルートの実現を目指す決議案を賛成多数で可決している。沿線の知事の間にも温度差があり、京都府の山田啓二知事は舞鶴経由案、滋賀県の三日月大造知事は米原ルート案を要望している。

福井新聞の関連記事
福井県と議会がルート決議した背景
福井―東京、北陸新幹線は不便?
ローカル鉄道、北陸新幹線高架を走る

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。