富士重、レヴォーグなど約8万台をリコール

駐車ブレーキのプログラムが不適切なため

 3月17日、富士重工業は、ステーションワゴン「レヴォーグ」など3車種、計6万3598台(2014年5月―15年9月に製造)のリコールを国土交通省に届け出た。都内本社ショールームで昨年7月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は17日、ステーションワゴン「レヴォーグ」など3車種、計6万3598台(2014年5月―15年9月に製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。駐車ブレーキの制御プログラムが不適切なためで、最悪の場合はモーターが損傷してブレーキが解除できなくなるため、プログラムを書き換える。

また、スポーツ型多目的車(SUV)「フォレスター」など計3車種、計1万7117台(15年4月―同年10月に製造)もリコールする。直噴ターボエンジンの吸気ダクトに正規と異なる材料で製造されたものがあり、使用を続けると耐熱性能などが低下してダクトに亀裂が入り、最悪の場合、エンストするおそれがあるという。

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。