【産業天気図・海運業】荷動き・運賃とも空前絶後の落ち込み、海運は09年度後半、10年度前半とも「土砂降り」続く

予想天気
  09年10月~10年3月   10年4月~9月

海運の2009年度後半は「土砂降り」、10年度前半も「土砂降り」が続く。

中国が鉄鉱石輸入を大幅に増やしたことや、オーストラリアやブラジルの山元(鉄鉱石採掘会社)が本格的に自ら船をチャーター(用船)し始めたことで、09年度前半は想定以上にバラ積み船市況が高騰したが、それ以外は想定外に苦戦。6月末までに在庫調整が完了すると見ていた自動車船は回復が10~12月期(第3四半期)以降にずれ込むほか、世界同時不況が尾を引き、コンテナ船は荷動き・運賃とも空前絶後の落ち込みだ。タンカー市況も先進国での需要陥没で大きく下落している。

今10年3月通期では日本郵船<9101>が23期ぶりの最終赤字に転落するほか、川崎汽船<9107>は23期ぶりの営業赤字に陥る。大手3社のうちで唯一最終黒字を見込んでいる商船三井<9104>ですら最終利益は吹けば飛ぶような300億円。07年度に記録した最高純益1903億円の6分の1以下だ。商船三井によれば、同社は他社に先駆けて中長期契約でバラ積み船を安く用立てておいたことで赤字を免れる。とはいえ、中国爆食で需要過多に沸いた海運バブルはいよいよ終わった感が強い。

バラ積み船は大型のケープサイズが下期に100隻も竣工。それを見越してか、一時9万ドル台をつけたケープサイズ市況は足元3万ドル台にまで落ちこんでいる。コンテナ船は向こう3年間、年率1割のハイペースで船腹が増える。タンカーも新造船ラッシュだ。船隊の供給過剰状態は解消されず、したがって運賃の本格回復も見込めない。海運会社にとっては、我慢、我慢の時期がしばらく続きそうだ。

(山田 雄一郎)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。