まるで目玉!風船型ドローンの意外な強み

ユニークな広告オブジェとしてもお役立ち

写真をクリックすると動画サイト(英語)へジャンプします

巨大な球形の新型ドローン「Skye(スカイ)」が、ドイツ・ハノーバーで開催中のIT見本市「CeBIT 2016」にお目見えした。プロペラを4つ持つ「クアッドコプター」としての操作性と、飛行船ならではの安全性やエネルギー効率とを併せ持つのが特長だ。

スカイの直径は約10フィート (約3メートル) で、中にはヘリウムガスが詰まっている。図体が大きいにもかかわらず、非常に軽くて機敏だ。

開発企業エアロテインのダニエル・マイヤー共同創設者は「飛行中に触ることもでき、浮力の大半はヘリウムガスによるものだ」と安全性を強調。プロペラをカバーで覆った構造の移動用装置が4つ付いており、各装置のモーターを遠隔操作することで「基本的にどんな環境だろうと(位置を)正確にコントロールできる」という。

スカイは1回の充電で約2時間の飛行が可能。ライブストリーミングや航空写真用のカメラを搭載するのに十分なパワーを持っている。

故障しても「大きな風船」になるだけ

ドローンはこれまで、公共イベントでの利用が制限されていた。群衆の安全を確保する観点からすると、問題があるとされていたからだ。スカイはこうした難点を克服できそうだ。

マイヤー氏は、従来のドローンについて「プロペラがカバーされていないため人をけがさせるおそれがあるほか、電気的なトラブルが発生すると、すぐに落下してしまう」と指摘。これに対し、「スカイは何か問題が生じても大きな風船になるだけで、遊び道具としても使える」と利点を説明している。

開発者はまた、スカイを撮影用だけではなく、広告用のユニークなオブジェとしても使える点を、企業にアピールしていく方針だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。