ビジネストラベル広告特集

東京・銀座4丁目に
「東急ステイ銀座」がオープン

東急ステイ

3月7日、東京・銀座に「東急ステイ銀座」がグランドオープンした。東京メトロの銀座駅から徒歩3分という格好の立地を得た東急ステイ銀座。多くの客室に洗濯乾燥機やミニキッチンを備えるなど長期滞在にも適した設備や仕様が大きな特徴だ。もちろん長期滞在に適しているのであれば、1泊の利用でも快適なホテルライフが過ごせるだろう。

 ビジネスにも観光にも、格好なロケーション

銀座4丁目にオープンした東急ステイ銀座は、東京メトロの銀座線、丸ノ内線、日比谷線の銀座駅から徒歩3分圏内、さらに、日比谷線と都営地下鉄浅草線の東銀座駅からは徒歩1分程という好立地にある。ホテルを出て、昭和通りと晴海通りが交差する三原橋交差点を右に曲がれば、銀座四丁目交差点の界隈が視界に入る。百貨店や高級ブランド店が軒を連ねる銀座はもとより築地場外市場も徒歩圏内。ビジネスユースにしても観光目的にしても、銀座4丁目に宿泊するという新たな選択肢が加わった意味は大きいはずだ。

しかも東急ステイ銀座は、「出張や研修、あるいは転勤時の一時住まいなど多様なニーズに対応できる」というコンセプトがさまざまに具現化されている。たとえば、全191室の客室すべてに電子レンジが備えられていることも一つ。しかも165室には洗濯乾燥機を設置。長期滞在者を想定した配慮は、多くの宿泊者の利便性を高めるに違いない。さらに、26室あるレジデンシャルダブルの客室にはミニキッチンまで装備されている。

すべての客室にWi-Fi環境を備えるほか、洗濯乾燥機を設置した客室もラインナップ。ミニキッチン付きのタイプも用意されている

そればかりではない。最も客室数の多いモデレートタイプの部屋でも、ベッドサイズは幅1メートル40センチメートル、面積も15平方メートルを確保。51室あるスーペリアルダブルは面積18平方メートル、ベッドサイズは幅1メートル60センチメートルとなっている。全客室に「Wi-Fi」環境も整えられている。

ユニークな設備や仕様で宿泊者に寄り添う東急ステイブランドは、フラッグシップホテルとなる銀座を含め、銀座・日本橋エリア、渋谷・品川エリア、池袋・新宿エリアに17カ所ホテルを展開している。そのどれもが最寄りの駅から徒歩5分以内という好立地に位置。「東急ステイ銀座」と同様に、全客室が「Wi-Fi」環境にあるうえ、その多くが電子レンジや洗濯乾燥機を備えている。

ビジネスであろうと観光であろうと、宿泊するホテルの印象が行程そのものに影響を及ぼすとも言えるだろう。東京で宿泊する際、東急ステイを選択肢に入れてみてはいかがだろうか。

お問い合わせ
TOKYU STAYサイト
 http://www.tokyustay.co.jp/
東急ステイ銀座
 http://www.tokyustay.co.jp/hotel/GZ/