鈴木おさむ直伝!「絶対ウケる企画」の作り方

どの業界にも通用する10のルール<前編>

僕はこの仕事を始めて1年目に、先輩に「映画を見ろ」と言われて、もともと映画が好きだったので、「必ず1日に1本見る」と決めました。

最初の1、2年はまったく効果がなかったのですが、ちょうど3年経った頃、何か企画を考える際、映画で見たシーンがフっと頭に思い浮かぶようになったのです。

アイデアが出ない、引き出しが少ないと悩んでいる人は、とにかく好きなことにとことんのめり込んでみるといいでしょう。

映画選びのポイントは、周りの人の好きな映画ベスト3を聞いて、自分の趣味じゃなくても見てみること。その相手との共通点ができるし、自分の守備範囲以外のことも知ることができて、めちゃくちゃ役に立ちます。自分が好きなことに徹底的に詳しくなって、何かあった時に「あいつに聞けばいい」と思い出してもらうぐらいになればベストですね。

(5)誰も気づいていない「いま」を見つける
書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

ヒット企画には必ず「いま」があります。でも、テレビや雑誌が扱い出したら、もう遅い。リアルに街の中で流行っているところが本当の「いま」だったりします。

ここ1年、ギャルモデルの今井華ちゃんと仕事をしたことをきっかけに、よく話すんですけれど、彼女はやたらと「場面」という言葉を使う(笑)。

おっさんたちは気づいてないことですが、それがまさに「いま」なんです。だから、流行語大賞には選ばれないけれど、最近の若い子がやたらと使っているとか、普段の生活の中でよく耳にするような言葉やモノゴトを見つけて、企画にうまく織り込むのです。

リアルな「いま」から企画が生まれる

「いま」は、つねに生活の中で意識することで気づくようになるのですが、僕が最近、気になっているのは男女が友達になれるアプリの「タップル誕生」です。前から存在は知っていたのですが、焼肉屋で出会った税理士を目指しているキャバ嬢も「二十代では使っている子が多い」と言うんですよ。出会い系って抵抗があると勝手に思ってたんだけど、二十代の子からしたら、ツイッターのダイレクトメールと何が違うの? という感覚で、単純に友達と出会う場として使っている。

こういうリアルな「いま」から企画は生まれます。

(取材・構成:川内イオ、撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。