ブリヂストンが放つ“ランフラット"の可能性、パンクOKの新タイヤが勢力図を塗り替える!?

ブリヂストンが放つランフラットの可能性、パンクOKの新タイヤが勢力図を塗り替える!?

車を運転するかぎり、ドライバーはパンクと無縁ではいられない。日本では1日約1万人、米国では6万人がパンクを起こしている。くぎを踏んだり縁石に接触するのはもちろん、タイヤが磨耗したり空気圧が過不足なまま長く高速で走って、バースト(破裂)することもある。

JAFロードサービスによると、パンクによる出動はこの10年で2割増えた。道路のくぎが増えたわけではない。パンクしたらお手上げというドライバーが増えているのだ。自分でタイヤ交換する人は今や4割。しかも若い人ほどその割合は低い。交換は交換で危険も伴う。先月も岩手県内の東北自動車道で、パンク修理中の男性2人が後ろから来たトラックにはねられ死亡したばかりだ。

凪(なぎ)が続いたタイヤ業界ついに地殻変動の予感

ところが、パンクしても平気なタイヤが存在する。名前はランフラット(以下、ランフラ)。ブリヂストンが1980年代に開発した。外見は普通のタイヤと何ら変わらないが、内部の側面に張られた補強ゴムがパンク時に強力に支える。時速80キロメートル以下で約80キロメートル走行可能なので、そのままタイヤ店や修理工場へ駆け込むことができる。


 この秋、ブリヂストン製のランフラ第3世代が新車に装着される。追って、取り替え用も発売される見通しで、タイヤ業界に久々の異変を巻き起こそうとしている。「ランフラは、1800年代に空気入りタイヤが発明されて以来の歴史的な技術進歩」と評するのは、UBS証券の松本邦裕シニアアナリストだ。 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。