シャラポワ薬物、なぜ企業の対応が早いのか

「疑わしきは罰」という姿勢強める企業

 3月8日、女子テニスのマリア・シャラポワ(写真)が、薬物検査で陽性反応を示したことを告白した翌日、ナイキ、ポルシェ、タグホイヤーなどのスポンサーは直ちに契約を見合わせる方針を示した。米ロサンゼルスで行われた記者会見で7日撮影(2016年 ロイター/Jayne Kamin-Oncea-USA TODAY Sports)

[8日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(ロシア)が、薬物検査で陽性反応を示したことを告白した翌日の8日、ナイキ、ポルシェ、タグホイヤーなどのスポンサーは直ちに契約を見合わせる方針を示した。

ソーシャルメディアが即座の対応を求めるようになる前は、スポンサーは「疑わしきは罰せず」という姿勢で、スポーツ選手に数週間あるいは数カ月の猶予を与えることが多かった。

企業は汚点を回避することに躍起

スポンサーシップの分析などを行うIEGの推定によれば、世界全体で投資額が600億ドル(約6兆7500億円)にも上るスポンサー事業において、企業はスキャンダルという汚点を回避することに躍起になっている。今年の夏季五輪でドーピング違反が判明した選手に対しても、同様に実入りの良い契約の即時打ち切りが予想される。

「ほぼあらゆるスポーツにおいて運動能力を向上させる薬物の使用がこの数年で注目を集めていることを考えると、スポンサーはできるだけ早く打ち切ろうとするだろう」と、弁護士事務所ローブ・アンド・ローブのブライアン・ソコロウ氏は指摘。

「彼らはランス・アームストロングのような選手のスポンサーになることは避けたいと考えている」と、同氏は述べた。アームストロング氏は、ツール・ド・フランスで7回優勝したが、ドーピングでタイトルを全てはく奪され、自転車ロードレースから永久追放処分を受けた。アームストロング氏は後にテレビ番組のインタビューで、運動能力向上薬の使用を告白している。

アームストロング氏の場合は、薬物使用疑惑を当初否定していたこともあり、収束するのに数年を要したが、シャラポワは直ちに記者会見を開き、1月の全豪オープンの薬物検査で陽性反応を示していたことを明らかにした。

次ページ4大大会を5度制覇
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。