ハンス・ヴェストベリ エリクソン次期CEO--ソニーと合弁する携帯電話は厳しいが、利益を出せるようにしたい

ハンス・ヴェストベリ エリクソン次期CEO--ソニーと合弁する携帯電話は厳しいが、利益を出せるようにしたい

--CEOへの任命は驚きだった?

もちろん。でも、世界で最も大きい通信インフラ会社のCEOになることは、僕にとっても非常に大きなこと。数週間前に取締役会から「(CEOに)興味があるか」と打診されて「もちろん興味がある」と答えた。

--世界各地に赴任した経験があるようだが、日本で仕事をしたことは。

日本に住んで仕事をしたりしたことはないが、過去何度も出張で訪れている。顧客やパートナーもいるので、僕にとってはなじみの深い国だ。

--日本でのビジネスはエリクソンの収益に貢献している?

日本でも利益を出すためにビジネスをやっている。現状、携帯電話市場は厳しいが、日本でのビジネスについてはハッピーだ。

--ソニー・エリクソンの携帯端末事業は現在、とても厳しい状況にある。

もともと、ハンドセット事業で苦戦をしていたエリクソンとソニーという2社が一緒になったことを忘れてはいけない。一緒になったことで非常にすばらしい相乗効果が生まれ、これまでも多くの利益を出してきた。ソニーとは互いに支え合っている。今は厳しいが、これからも2社で協力して、何が何でもまた利益を出せるようにしたい。

--(ソニー・エリクソンの)持ち株売却に関するうわさもあるが。

うわさはうわさ。僕にとっては(ソニーは)非常に大事。今でも同社の経営と経営陣をサポートすることに力を注いでいる。うわさはあまり気にしていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。