シャープ支援、取引銀行が追加金融支援を検討=関係筋

金利引き下げや融資枠設定など

[東京 9日 ロイター] - シャープ<6753.T>の再建をめぐり、取引銀行が金利引き下げなどの追加金融支援策を検討していることが9日、分かった。関係者が明らかにした。

シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の傘下で再建を図る見通しとなっているが、シャープ取引行の三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行の2行は、貸出金の金利引き下げなどを検討している。3月末に期限を迎える5100億円のシンジケート・ローンを延長した上で、金利を引き下げる。新たに融資枠の設定も検討する。

シャープに対しては12月末時点で、三菱UFJが約3000億円、みずほが約2600億円を貸し出している。シャープの金融負担を軽くすることで、再建を確実なものにする。

*内容を追加します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。