人気!鉄道会社の「総合職」がやっていること

リニア新幹線にかかわる仕事に就く道とは?

JR東海が推進するリニア中央新幹線。開業に向けたプロジェクトにはどうすれば関われるのだろうか(撮影:尾形文繋)
鉄道といえば、就職活動ではその公益性の高さや安定性などから人気の高い業界の一つ。その中でも、東海道新幹線を運行するJR東海は人気企業ランキング上位の常連だ。東海道新幹線はもちろん、リニア中央新幹線や高速鉄道の海外展開などに注目が集まる同社だが、これらの「ビッグプロジェクトに関わりたい」という理由で志望する学生も多いのではないだろうか。
「総合職・事務系統」を例に、入社後のキャリアとビッグプロジェクトへの関わり方などについて、JR東海の人事部に聞いた。

 

JR東海の採用は、マネジメントに携わる「総合職」と、主に鉄道部門で現業や開発などに関わる「プロフェッショナル職」、エリアを限定した「アソシエイト職」の3つの職種に大別されており、さらに総合職とプロフェッショナル職は「運輸」や「車両・機械」などの系統に分かれ、全部で10の採用区分がある。

駅係員や車掌を経験

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

「総合職・事務系統」は経営企画や営業、財務や人事、広報などの業務で、主にマネジメントに携わることになる職種だ。だが、入社後は新入社員全員を対象とした2カ月ほどの研修の後、鉄道の現場での研修を受ける。研修といっても短期間の実習ではなく、実際に新幹線や在来線の駅係員、車掌としての勤務を経験する。

例えば車掌の場合は、まず業務の基本的な知識を学ぶ学科研修を1カ月程度受けたあと、現場での見習いを経て車掌として独り立ちし、車内の検札やドアの操作などをはじめとする車掌の業務を行うことになる。研修の一環ではあるが、業務の内容はもちろん、乗客から見ればほかの車掌と何も変わらない。

多くの場合は駅係員と車掌の両方を経験し、事務系統の職場に配属されるのは入社翌年の秋ごろになるという。同社人事部の小峰宏夫課長代理は「お客様の安全を守るという鉄道業の根幹をしっかり学ぶため、長い期間をかけて取り組む」とその目的を説明する。

次ページ現場での研修経験が生きる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。