「核弾頭の小型化実現した」北朝鮮・金第1書記

核関連施設での作業を視察した際の発言

 3月9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(写真)は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。2月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 9日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化を実現したと表明した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。北朝鮮は1月に4度目の核実験を行っている。

第1書記が核関連施設での作業を視察した際の発言として伝えた。KCNAによると、第1書記は「核弾頭は小型化され、弾道ミサイルへの搭載が可能になった」と言明。「真の核抑止力だ」と語ったという。

北朝鮮はこれまでにもKCNAを通じて、核弾頭の小型化成功を主張しているが、第1書記が小型化に直接言及したのは今回が初めて。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。