究極の熟睡には「脳の温度調節」が肝要だった

休息は「積極・消極」の組み合わせが理想的

効率的に「疲れ」を回復する方法とは?(写真:kou / PIXTA)

疲れたなぁ……休みたいなぁ……特別に何かをしたわけじゃないのに、疲労感を覚えてしまうことってありますよね。

そんな“疲れ”の症状は、脳と身体が発信する“休め!”のサイン。現代人は、多忙を言い訳に、休息や睡眠を疎かにしてしまいがちですが、疲労を放っておくと、知らず知らずのうちに身体の中で何かしらの病気が進行していることも……。

そうなる前に、疲労を回復する休息や睡眠の意味とその大切さについて、あらためて考え直してみませんか? 積極的に効率よく休むことでパフォーマンスがアップし、その結果ゆとりができれば、良いスパイラルにつながっていきます。

まずは「積極的休養」でストレスを発散!

当記事はFuminnersの提供記事です

疲労した状態とは、仕事や日常生活に必要なエネルギーがなくなった状態。体力はもちろん、集中力や思考力、気力までもが低下・欠如してしまうことは、ご存知の通り。

そんな疲労を回復し、心身を正常な状態に戻してくれるのが「休息」です。休息には、「消極的休息」と「積極的休息」の2種類があり、双方を上手に使い分けることが疲れた身体を効率的に回復するために重要になります。

消極的休息は、昼寝や睡眠のように体を動かさずじっとしている休息のこと。一方、積極的休息は、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動で血液の循環を良くして、疲労物質である乳酸の分解をスムーズにし、疲労の回復を早めることを指します。

心身の疲労を効果的に回復させるなら、積極的休息が理想的。パーソナルトレーナーであるタマラ・グランド博士によると、積極的休息をとることで、筋肉痛の発生を遅らせたり、関節の使い過ぎによるケガを予防するなどの効果が見込めるそう。また、ストレスなどの精神的な疲労を取り除くのにも有効とされています。

次ページ眠れないときは「頭を冷やす」!?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
新・出世の条件

「課長時代」が会社人生を決める。幹部候補の早期選抜が広がり、出世をめぐる常識は激変。日産、三菱商事などのエリート養成の最前線をリポート。課長力アップの最速レッスンも紹介。

  • 新刊
  • ランキング