談合訴訟、アップルの上告を米最高裁が却下

電子書籍価格談合訴訟で4.5億ドル支払いへ

 3月7日、米アップルが出版5社と共謀して電子書籍価格をつり上げたと認定した控訴裁の判断を不服として上訴していた裁判で、米最高裁は同日、アップルの上告を却下した。同社は4億5000万ドルを支払うことになる。写真はサンフランシスコで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Robert Galbraith)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が出版5社と共謀して電子書籍価格をつり上げたと認定した控訴裁の判断を不服として上訴していた裁判で、米最高裁は7日、アップルの上告を却下した。同社は4億5000万ドルを支払うことになる。

アップルは昨年6月の控訴裁判断について、最高裁判例と矛盾しているほか、「イノベーションとリスクテイキングを冷やす」ことになると訴えていた。

米司法省によると、談合で一部の電子書籍価格は、市場リーダーのアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が従来設定していた価格9.99ドルから12.99ドルもしくは14.99ドルにつり上げられた。

同省反トラスト部門責任者のビル・ベーア氏は「出版社と故意に共謀して電子書籍価格をつり上げたアップルの責任はこれで完全に決着した」と述べた。

アップルからは今のところコメントを得られていない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。