女子テニス、最新「世界トップ10」ランキング

前回と変わらず、渦中のシャラポワは7位

[7日 ロイター] - インフォストラーダ・スポーツによると、女子テニス協会(WTA)が発表した女子テニス選手の最新世界トップ10ランキングは以下の通り。カッコ内は前回の順位。

1.(1)セリーナ・ウィリアムズ(米国)......9245ポイント

2.(2)アンゲリク・ケルバー(ドイツ)........5700

3.(3)アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)..5450

4.(4)ガルビネ・ムグルサ・ブランコ(スペイン)...4831

5.(5)シモナ・ハレプ(ルーマニア).........4745

6.(6)カルラ・スアレスナバロ(スペイン)......4015

7.(7)マリア・シャラポワ(ロシア).........3562

8.(8)べリンダ・ベンチッチ(スイス)........3505

9.(9)ペトラ・クビトバ(チェコ)..........3483

10.(10)ロベルタ・ビンチ(イタリア).........3455

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。