宮崎あおいの二面戦略「一眼デジカメオリンパス・ペン」《それゆけ!カナモリさん》

宮崎あおいの二面戦略「一眼デジカメオリンパス・ペン」《それゆけ!カナモリさん》

■昭和の香り漂うオリンパス・ペン

 モノクロームのスローモーション映像の中、宮崎あおいがカメラを構えて微笑む。オリンパスのデジタル一眼カメラ「オリンパス・ペン E-P1」のCM。現在テレビに大量投下中だ。デジタルカメラとして復活した往年の名機「ペン」。このCMの狙いは、戦略は、どんなものだろうか。

 「オリンパス・ペン」というカメラの名前にノスタルジーを覚えるのは、中高年のカメラマニアだ。「Since1959」とCMのコピーにもあるように、初登場は1959年、東京オリンピックの5年前、高度成長期前期である。

 当時のカメラは高価なライカが憧れの的であったが、その40分の1、6000円という価格を実現。さらにまだまだフィルムが高かったため、35ミリフィルムの1枚のサイズの中に2枚撮影できる「ハーフサイズ」を確立した画期的なカメラであったのだ。

 その後も様々な改良が重ねられ、63年には世界初、世界唯一のハーフサイズの一眼カメラとしてリニューアルした。それが今回のデジタルカメラ化されたペンのコンセプトとなっているのだ。

 中高年にとっては思い出深いカメラで、一度は手に取った人も多いはずだ。40代の筆者がカメラ少年だったとき、まだ中古機が多く出回っており、それを愛機としていた仲間も多かった。「ペン復活」と聞き、古き良き昭和の思い出をよみがえらせ、興奮している中高年の愛好家も、少なくないはず。

 また、イメージキャラクターとして宮崎あおいを起用しているのが、絶妙だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。