実録サブプライム危機 P・ミュオロ/M・パディラ著/可児滋訳

実録サブプライム危機 P・ミュオロ/M・パディラ著/可児滋訳

アンジェロ・モジロは、イタリア移民の肉屋の息子に生まれ、雑用係から住宅ローン一筋45年、3人で始めた会社を「マーケットに参入したらそれを独占せよ」を身上に、全米一に育て上げた。が、2008年初め、1年前の時価総額250億ドルがウソのような悪夢に襲われる。手塩にかけた「子ども」を二束三文でバンカメに身売り。自身も議会公聴会に身をさらす。

本書は、全米一のサブプライムローン業者カントリーワイドの創業者でありCEOであるアンジェロ・モジロを軸として、サブプライム危機がどのように発生し、「ゴミ」をばらまき、それが世界経済を震撼させるに至った事実経過を、多彩な人物を配して記録する。

臨場感溢れる描写が重ねられる。住宅ローン業界や投資銀行界のトップ、規制当局、公聴会などに加え、証券化商品開発者にも緻密な取材を敢行しているからだ。デリバティブに詳しい訳者の手によって、その入門書ともなっている。

日本評論社 2940円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。