大脱走 裏切りの姫 鈴木英治著

大脱走 裏切りの姫 鈴木英治著

武田家滅亡直前の甲府を舞台に繰り広げられる家臣たちの戦国小説だが、中心テーマは単純明快である。主君・武田勝頼を見限った駿河城主、穴山信君(梅雪)の妻で信玄の娘、千鶴(ちづ)と嫡子・勝千代の甲府からの脱出行が成功するかどうか、この一点にすべては収斂する。勝頼に忠誠を誓う前島平蔵が、お家のために脱出を妨げようとして粉骨砕身する、その両者の駆け引き、戦いのドラマである。

とはいえ話の膨らみはさまざまに付け加えられ、人物像にも陰影がほどこされていて、十分に厚みがある。千鶴側からと平蔵の立場からの話が交互に現れ、物語は織物のようにして展開する。非情だが人間味溢れる平蔵、誰の死であろうと心を痛める心やさしい千鶴、どちらにも肩入れしたくなる。単に正邪で片付けない構成の妙だろう。殺し合いの場面はリアルにすぎるほどだが、結末に救いがあることも手伝い、さっぱりした一級エンターテインメントに仕上がっている。(純)

中央公論新社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。