就活の筆記試験「SPI3」への正しい準備方法

大学3年生が2~3月にやるべきこと<3>

筆記試験の対策にはコツがある(写真:kou/PIXTA)

採用選考で実施される筆記試験は各種ありますが、ここではその中で最も代表的な「SPI3」を取り上げます。同試験の年間利用会社数は1万0620 社、受験者数は延べ179万人(2014度)に上ります。日本で最も多くの会社が採用し、最も多くの学生が受験している試験です。

先日、15人の学生にテスト対策について質問したところ、「対策をしなければいけない」とわかってはいるものの、実はできていないという方がほとんどでした。今回は、簡単にできるSPI3対策についてお伝えします。

本来は全問正解できるはずだ

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

試験対策の前に、能力検査について知っておいてほしいことを3つ挙げます。

①SPI3で測定される能力検査は、組織で仕事をする際に必要な能力です。言語能力検査では、「言葉や文章の意味・構成・要旨を的確に理解する力」が測定されます。非言語能力検査では、「獲得した情報をもとに的確な判断をする力や、グラフや表を正確に解釈する力」が測定されます。どちらも小学校・中学校時代に学んだ国語・算数・数学の範囲内の問題ですから、本来は全問正解できるはずです。

次ページ出題傾向を知れば確実に点数アップ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。