【和地孝氏・講演】不確実性時代の成長戦略(前編)

Toyokeizai LIVE
「不確実性時代の成長戦略」より
講師:テルモ株式会社 代表取締役会長 和地孝

●66カ条の「テルモのこころ」

 本日のテーマは「不確実性時代の成長戦略」。非常に難しい課題でございまして、まさにこの不確実性時代の日本について悩んでおられる経営者、あるいはマネージャーの方も、ここにたくさんいらっしゃるのではと思います。私は、経営の行き着くところは「人」だと考えております。私は人をマネジメントする立場ですので、やはりこういう不確実性の時代こそ、経営者がブレない考え方、つまり哲学を持つことが大事かと思います。
 また、ここにはIT関係の方もいらっしゃると思いますが、このIT時代だからこそ、情報や知識をそのままにしておくのではなくて、それを「知恵」にまで昇華する努力が必要だということを言っております。隣にいる人にもメールで連絡することも多いと思いますが、こういう時代だからこそ人間の生のコミュニケーションが大事だと思いますし、そこにおける温かさも必要かと思います。

 今はご承知のように100年に一度の不況と言われております。特に業績が縮小する中で人をどう扱うのかということは、私も含めて大変な悩みだと思いますが、私は人の雇用に一切手をつけません。また、この意思を社員に宣言しております。従って社内に不安というものは出ておりません。
 どうしてかといいますと、この不況になる2年前に『テルモのこころ』という冊子を発刊しました。ここに書かれた66カ条を経営者も守る、社員も守るという約束をしております。その中の一つで、「人は資産であって、コストではない。従って好不況に関わらず、人のクビに手をつけることはしない」と宣言しております。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。