財務諸表に表れない資産の有効利用を、知財も自前主義脱皮へ

財務諸表に表れない資産の有効利用を、知財も自前主義脱皮へ

「オープンイノベーションという言葉自体は、ここ1~2年の間に急速に広まってきた」と、独立行政法人工業所有権情報・研修館流通部の前田仁志部長は言う。「自前主義からの脱却を目指す」「使わない特許はみんな出す」といった話は規模の大小を問わず経営者が口にし、実際、研究開発の相乗りも珍しくなくなった。富士通など自社の未利用技術を公開し、ともに事業化を目指す提携相手を探す企業も増えている。また特許庁を中心として、特許情報の流通の仕組みの整備や、その事業化を促進する動きも進行しつつある。

民間でも知的財産権(知財)流通を専門とするコンサルティング企業や弁理士事務所は100社を超えるが、まだまだ十分とはいえない。

特許は年間40万件出願されるが、そのうち審査請求されるのは20万件。うち10万件が特許権を取得するが、実際に活用されているのは半数の5万件にすぎない。残る5万件は未利用特許として放置されている。

特許権は出願から審査、取得に至るまでに1件当たり約20万円の費用がかかる。さらに特許権を維持するには年間数千~数万円が必要だ。しかも、維持期間が長くなればなるほど年間維持費は上昇する。「権利を維持し続けるのは、活用し収益を上げているから」と見なされるからだ。

事業化のタイミングを計るなど戦略があれば別だが、大半の未利用特許はそうした意識はなく、事業化のメドも立たないまま維持費だけが支払い続けられている。ほかにも特許申請されないまま企業内に退蔵されている技術や、開発・試験研究費や開発に携わるスタッフの人件費を合わせると、膨大な技術が眠ったままになっている。

こういった財務諸表に表れない企業価値を堀り起こし、産業界を活性化させようという試みは、実は10年も前からあった。1997年に特許庁が流通事業支援担当部署を開設(2001年に工業所有権情報・研修館に移管)。全国に92人の特許流通アドバイザーと自治体に所属するコーディネーター53人が各都道府県単位に常駐し、有用な休眠特許の発掘からマッチングに至るまでサポートをする。相談は無料だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。