リムジンは古い?勃興する「新しい女子会」

生まれては消える女子会の「最新トレンド」

(写真:msv / PIXTA)

こんにちは。原田曜平です。

今回は、博報堂ブランドデザイン・若者研の現場研究員が、「新しい女子会」についてレポートしてくれます。

読者の方で「最近、男子があまり元気がなくて、女子の方が全然元気」などと実感されている方も多いことと思います。ぜひ、消費の中心となりつつある若年女子たちの新しい動向についてご覧ください。

最新!女子会の実態

今回レポートをしてくれる3人。写真は左から、東星羅(国際基督教大学4年)、伊藤久博(慶應義塾大学2年)、内山裕梨(清泉女子大学3年)

最近、若者の間で「新しい女子会」をする人が増えてきている。

以前までの女子会の代表的な例としては、リムジンを8人ほどで貸し切り、都内を周遊するリムジン女子会、ラブホテルで女子だけでお泊まりをするラブホテル女子会などがあった。しかしリムジン女子会やラブホテル女子会は、すでに多くの人がやっていて、SNSでも多く見かけられ、飽きられつつある。そこで今若者たちの間ではさまざまな新しい女子会が生まれている。

今回、私たちは「女子会最新事情」を調査した。新しい女子会の中で、「女子会ルームパーティー」、「ピクニック女子会」、「陶芸女子会」の3つに注目し、若者にインタビューを行い、その実態に迫った。

次ページ都内の私立大学に通うAさんのルームパーティー
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。